心身と頭皮のケアが女性の薄毛対策のかなめです!

悩みは若年齢化している!

一般的に、40代以降は髪を育てるホルモンのエストロゲンが減少するので、髪の老化は進みます。でも最近は、薄毛で悩む年齢層が若くなってきています。その原因は、かたよった食生活や、運動不足、睡眠不足、ということです。とはいえ、規則正しい生活習慣を整えても、すぐに改善するわけでないのが困ったところ。「薄毛」対策には、頭皮のケアによる抜け毛防止とハリのある髪を育てることがおすすめ。そしてどちらも、継続することがポイントなのです。

正しい使い方で頭皮をすこやかに

シャンプーは頭皮を洗って毛穴を清潔にするもの、コンディショナーは毛髪の手ざわりをよくするためものです。過剰に使ったりすすぎが足りなかったりすると、かえって頭皮への刺激となるので注意が必要です。事前にブラッシングしてホコリを落とし、予洗いをしっかりと。この段階で汚れのほとんどが落ちます。また髪全体がよく濡れていたら、シャンプーは少量で大丈夫。あとは、少量のシャンプーをよく泡立て、頭皮全体を指でマッサージするようにまんべんなく洗います。耳のまわりやうなじは洗い残しがちな部分なので気をつけて。コンディショナーは頭皮ではなく、毛先を中心になじませ、頭皮にぬるつきがなくなるまでしっかりすすぎましょう。

薄毛の原因はさまざま

薄毛になった原因に人によって違います。一時的なストレスや栄養不足などが原因なら、それらの要因を早い段階で取り除けば、髪のボリームも戻るでしょう。ただ、女性も年齢を重ねたり、更年期をきっかけにホルモンバランスが変化したりすると、さらに薄毛が目立ちやすくなります。ライフスタイルや食生活を見直したり、発毛剤を使うなど対策をしていきましょう。

発毛に効果的な食べ物には、髪の毛の育成を促進する海藻類や大豆・ナッツ類などが挙げられます。また、コラーゲンを多く含む食べ物も効果的だと言われています。